体の各部位ごとの脱毛の方法

体の各部位ごとの脱毛の方法

部位によっての脱毛の痛みの度合い

 

エステやサロンでのフラッシュ脱毛や医療機関での医療レーザー脱毛が人気を集めていますが、これらの方法での脱毛は施術時にある程度の痛みを伴うという特徴があります。
そしてその痛みは部位によって強さが異なります。
痛みを感じやすい部位としては、VIOと呼ばれるデリケートゾーンが挙げられます。
その理由は皮膚の色素の濃さにあります。

 

フラッシュや医療レーザーは、ムダ毛の黒い色素であるメラニンに反応して熱のダメージを与え、発毛細胞を破壊することでムダ毛が生えないように抑制するという脱毛メカニズムを有しています。
フラッシュとレーザーは腕や足など、メラニンが少ないの肌部分への施術であればムダ毛にのみ反応するのですが、日焼けをした肌や色素の濃いデリケートゾーンへ施術を行う場合は、肌のメラニンが多いため肌全体にも作用が働いてしまいます。
肌全体に熱のダメージが伝わるわけですから、痛みを感じる範囲が広くなり、そのため他の部分に比べて痛みを強く感じることになります。
またデリケートゾーンのムダ毛は毛量が多く、毛質も太くしっかりしているためフラッシュとレーザーの作用が働きやすく、それも痛みを強く感じる理由の一つとなっています。

 

眉毛の脱毛

眉毛は、カミソリなどを使い形を整えてもある程度の期間ですぐに伸びてしまいます。そのため、余分な毛を脱毛することによって、忙しい朝のお出かけ前のお手入れがすごく楽になります。しかし、この箇所は皮膚が薄く眼にとても近い場所なので、施術にもリスクが高く、施術を行ってくれない店舗が多いのも事実です。眉毛の脱毛の最大のメリットは、お手入れが楽になるということで、頻繁に抜いたり剃ったりしなくて済みますのでとても楽になります。

 

毛の濃い方だとカミソリなどで処理した後には青く見えるケースもありますが、そういう心配もしなくて済みます。
最近では女性だけではなく男性も眉を整える傾向があり、眉の形にはその時代に合わせ様々な流行があります。一般的に細い眉毛が主流となっていますが、年齢を重ねるとその様な眉毛の形が似合わなくなる可能性もあります。そのため眉毛の脱毛で後悔しないためにも、きれいに整えすぎず、ある程度あそびを持たせた形にするのも必要です。施術には、ニードルやレーザー、光などで処理をします。1本ずつ毛を剥いで処理するニードルは細かいデザインが可能なため良いのですが、レーザーや光に比べると、費用がかかります。

 

足や腕の脱毛ならクリームもおすすめです。

 

>> 脱毛クリーム一覧

 

もみあげの脱毛

ムダ毛に関する悩みやコンプレックスを抱えている人はたくさんいるでしょう。なかなか人には相談しづらく、一人で抱えてしまっている人もいるかもしれません。もみあげの毛について悩んでいる人もいるでしょう。自己処理でお手入れしているとますます濃くなってしまうのではないかと考えたり、剃り方を間違えて仕上がりが汚くなってしまったりする可能性も否めなかったりします。

 

そこで、脱毛サロンでもみあげの脱毛施術を受けるのが良いでしょう。つるつるのお肌にしたいと言った要望や、少し産毛を残す自然な仕上がりにしたいといった要望を聞いてもらえ、それぞれのお客様のなりたいイメージに合わせた施術を行ってくれます。これまでなかなか自己処理で思うような仕上がりにならなかったと悩んでいる人も、その悩みを解決することができるでしょう。
自己処理だと頻繁にお手入れをしなければなりませんが、サロンでの施術を受けることによって、自己処理のいらないお肌を手に入れることができるのでとても楽になります。もみあげのムダ毛に関するコンプレックスを解消できれば、さらに自分に自信を持つことができるようになるでしょう。おしゃれを楽しむことができるようになったり、表情が明るくなったりするはずです。


 
 

ホーム RSS購読 サイトマップ